川崎フロンターレと日本代表応援ブログ|BLUE LEGEND

Jリーグ所属の川崎フロンターレとサッカー日本代表を愛するサポーターのサッカー応援ブログ



抜けた主力の穴は誰が埋めるのか?|2023シーズン川崎フロンターレ展望

▼ ブログランキング参加中 ▼


にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへにほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ




 

川崎フロンターレの2022シーズンまで主将を務めていた谷口彰悟選手がカタールへ旅立ちました。今シーズンのオフも川崎フロンターレにとって激動の年となりそうですね。そこで今回は2023シーズンの展望をファン目線で語ります。

 

抜けた主力の穴は誰が埋めるのか?|2023シーズン川崎フロンターレ展望

 

谷口元主将の穴は誰が埋めるのか?

 

今冬の移籍で衝撃的だったのは谷口彰悟選手の移籍でしょう。

 

谷口選手の30歳という年齢、ワールドカップ出場と目標を達成したことを考えると、海外挑戦という夢へ挑戦したいという気持ちはわかります。将来的な欧州移籍も視野に入れているそうですが、かなり険しい道と思ったほうが良いと思います(高い年俸もネックになるため)。とはいえ、挑戦を始めた谷口選手を全力で応援したいと思います。

 

とはいえ、この抜けた穴はチームとしてもとても大きいものですね。ポジションとしてはもちろんのこと、キャプテンという精神的支柱の存在としても打撃となります。

 

谷口選手のポジションの穴を埋めるのは?

 

ポジションの穴を埋める方法としてはファーストチョイスとしては車屋紳太郎選手が収まるパターンでしょうか。昨シーズンもジェジエウ選手が怪我の間はスタメンとしてチームを引っ張ってくれました。

 

しかし、サイドバックの人数が不足しているのでそれを見越した場合、他の選手も立てておきたいところです。

 

その場合に候補となるのが柏レイソルから加入することになった大南拓磨選手。昨シーズンは本職のセンターバックで10試合、ウイングバックで15試合の出場だった(※FOOTBALLLAB調べ)ようです。

 

昨年のE-1選手権で日本代表へ初選出。センターバックながらサイドバック・ウイングバックをプレイできるということからも川崎フロンターレの山根選手や車屋選手を想像させる器用さを感じます。

 

184cmという長身に加え、スピードも併せ持つことからどのポジションで器用されるのか、楽しみになりましね。大南選手についての詳細な紹介はまた新戦力紹介記事でしたいと思います。

 

おそらく、この大南選手か車屋選手が谷口選手の穴を埋めることになるのでしょう。

 

谷口選手のキャプテンの穴を埋めるのは?

 

次に谷口選手のキャプテンとしての穴を埋めるのは誰になるのでしょうか。

2022シーズンの副キャプテンは

  • レアンドロ・ダミアン選手
  • 脇坂泰斗選手
  • 登里享平選手

の3人が務めました。おそらくはこの3人の中のだれかが主将を務めることになる可能性が高いと思っています。

 

個人的には若さを見て、長くチームを引っ張ってほしいという観点から脇坂選手のキャプテン就任を推したいですね。2022シーズンからレジェンド中村憲剛さんの14番を継承し、しっかりと1年間チームを引っ張る活躍を見せてくれました。

 

なので、来シーズンはキャプテンとしてもう一皮向けてほしい。そう考えています。

周りに頼れるベテランが多い状態でキャプテンを務めたほうがサポートもしやすい、という点もありますね。

 

谷口選手以外の穴はどうする?

 

今シーズン、下記の選手が移籍またはレンタル移籍で別チームへ旅立ちました。

  • 丹野 研太(完全移籍)
  • 谷口 彰悟(完全移籍)
  • 宮城 天(レンタル移籍)
  • 神谷 凱士(レンタル移籍)
  • 五十嵐 太陽(レンタル移籍)
  • イサカ ゼイン(完全移籍)
  • 知念 慶(完全移籍)

知念選手が鹿島アントラーズへ完全移籍したのが2番目の衝撃でしょうか。2022シーズンも10得点の壁は高く、本人としては不完全燃焼に終わったことでしょう。そのため、より自分にマッチしたチームとして、より得意なフィジカルが重視されるサッカーをしている鹿島アントラーズを選んだのだと思います。

 

その穴を埋める選手はレンタルバックした宮代大聖選手と川崎フロンターレアカデミー出身の大卒ルーキー山田新選手でしょうか。同年代の二人が切磋琢磨し、川崎フロンターレの新エースとなることを期待しています。

 

山田新選手の紹介はこちら

delsoccer.com

そして、シーズンを通してセカンドキーパーとしてチームを支えた丹野選手が契約満了で盛岡へ完全移籍をしました。チョン・ソンリョン選手が怪我で試合に出れないときにチームに安定を与えてくれた丹野選手には感謝しかありません。

 

その穴を埋めるのは京都から移籍してきた上福元選手になるのでしょう。昨シーズン、残留争いをしてはいましたが京都で一番光るプレーを見せてくれていました。来シーズン、セカンドキーパーどころか正守護神奪取を期待しています!

 

上福元選手の紹介記事はこちら

delsoccer.com

その他にもゼイン選手が完全移籍、神谷選手がレンタル移籍と今シーズンもサイドバックの数が足りないように思います。大南選手が来ましたが、現所属選手たちの奮起を期待しています。

 

宮城選手はパリ五輪へ向けてのレンタル移籍でしょうか。ぜひとも頑張ってほしいです!五十嵐選手もレンタルの地でブレークを目指して頑張ってほしいですね!

 

まだまだシーズンオフで大型補強があるかもしれない川崎フロンターレ。これからの情報にも注目したいと思います!