BLUE LEGEND

Jリーグ所属の川崎フロンターレとサッカー日本代表を愛するサポーターのサッカー応援ブログ



W杯メンバー入り希望!セルティックMF旗手怜央が持つ「3つの凄いところ」【プレースタイルが素晴らしい】

▼ ブログランキング参加中 ▼


にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ


 

大卒で川崎フロンターレに入団し、Jリーグベストイレブン入りをしたのちにセルティックFCへ。そして、今も進化を続ける「旗手怜央」選手。ぜひW杯入りをしてほしい!と思い、凄いところを3つご紹介します!

 

W杯メンバー入り希望!セルティックMF旗手怜央が持つ「3つの凄いところ」【プレースタイルが素晴らしい】

 

(1)優れたフィジカルを使った「ボールキープ」の上手さ

旗手選手の凄いところの一つ目は、優れたフィジカルを使った「ボールキープ」の上手さです。身長は大きくないのですが、フィジカルが強く体を当てられても簡単には倒れることはありません。

 

この技術は特に中盤では効果を発揮します。今、日本代表は川崎フロンターレと同じシステムの4-3-3を使用していますが、このフォーメーションは中盤の数が少ないので、他のフォーメーションに比べてボランチの位置であるのですが相手からのプレッシャーが強くなります。

 

そのため、ボールキープの技術がチームを落ち着かせる意味としてもとても大きな意味を持ちますので、旗手選手のようにボールを持てる選手は重宝されます。

 


www.youtube.com

 

(2)GKとCB以外はできる抜群の「ユーティリティー性」

旗手選手は元々はフォワード等のトップの選手でした。しかし、川崎フロンターレで左サイドバックやインサイドハーフを経験し、今ではゴールキーパーとセンターバック以外のポジションはどこでもできるような選手へ変貌しました。

 

複数のポジションをこなすことは、サッカーをしたことがない素人にはわからないほど難しいと思っています。各ポジションで動き方とかも違うと思いますし。自分もあまり詳しくはないですが、内田篤人さんのフットボールタイムを見てると強く思います。旗手選手は本当にサッカーIQが高い賢い選手なのだと思います。

 

出場できる選手が限られるワールドカップのような舞台では、旗手選手のようにユーティリティな選手が重宝されるので、多きな武器といえると思います。

 

こういう選手の中には自分のメインが定まらないような選手も多いのですが、セルティックFCでの大活躍も受けて、今はインサイドハーフを主戦場としていくところを決めたように思えますので、旗手選手に関しては問題がなさそうです。

 

 

(3)本気で悔しがれる「熱いスピリッツ」

2021シーズンに川崎フロンターレが連覇達成した時、旗手選手の涙がとても印象強く残っています。

 

三笘選手や田中碧選手、守田英正選手などの主力や多く抜けたり、川崎フロンターレのレジェンドだった中村憲剛さんが引退したり、色々と変化が大きかった2021シーズンでしたが中心選手として熱い気持ちでチームを引っ張っていってくれたのだなとこちらも涙をしてしまいそうでした。

 

そんな熱い気持ちを次はワールドカップという夢の舞台で。

願わくば、川崎フロンターレの魂を持った多くのメンバーたちとともに「ベスト8」という夢を叶えてほしいです!

 


www.youtube.com

 

最後に

今回は旗手怜央選手について、凄いところを3つご紹介させていただきました。

常に厳しい状況で戦ってきた旗手選手だからこそ、今の活躍があるように思います。

これからも活躍を期待しています!!

 


www.youtube.com